MT4のEAは移動平均線が有効だ

MT4のEAは移動平均線が有名

移動平均線は1本だけならば、傾きを見てトレンド方向を見極めるのに使います。売買のポイントを見る場合は短期と長期の2本の移動平均線を表示させて「ゴールデンクロス」と「デッドクロス」を見ます。ただこの移動平均線を使ったMT4のEAはさまざま。有名ところのものを使わなければ危険です。

 

改めて、「ゴールデンクロス」と「デッドクロス」の定義を説明しておきましょう。「ゴールデンクロス」は「底値圏で下向いていた短期の移動平均線が長期の移動平均線を上抜くこと」。「ゴールデンクロス」は「買い」のシグナルになります。反対に「デッドクロス」は「高値圏で上向いていた短期の移動平均線が長期の移動平均線を下抜くこと」で、「売り」のシグナルになるのです。この「ゴールデンクロス」と「デッドクロス」は売買の基本のシグナルとなり、もっともよく使われていると言っても過言ではないでしょう。

 

そして、移動平均線が世界中で使われる理由は、「ゴールデンクロス」と「デッドクロス」の使い勝手のよさにあります。私も自動売買のロジックを考えるとき、日々の相場分析には、必ず移動平均線の要素がどこかしらに入ってきます。むしろ、入らないことの方が珍しいくらい。料理で例えるならば、調味料で必ず使う"塩"のような存在でしょう。

 

塩味は入れる量が少なければ、当然、味が薄くなり、多ければ濃味になり健康にはよくありません。塩分過多は高血圧のもとです。非常にさじ加減が難しいのが、塩という調味料。割烹では塩だけで味付けした"潮仕立ての吸い物"がありますが、これを作るには経験と高度な技術が要求されます。

 

移動平均線も同じ。単純に自動売買のロジックや、分析手法のなかに移動平均線を取り入れただけでは、極端な売買シグナルが出来あります。ゆくゆくは複数のテクニカル指標、注文執行条件を組合せて、MT4のEAのシグナルの精度はあげていったほうがいいでしょう。

 

ただこれには経験と、一定のテクニカル分析の知識が必要になります。ですから初めのうちは複数のパラメーターをもっておいて相場状況によって使い分けるのがわかりやす。これをやっているうちに肌感覚で勝てるようになってくる人もいると思います。

 

日本料理の職人さんも一度、感覚として身につけてしまえば"潮仕立ての吸い物"を作るのは容易にできます。同じようにMT4の移動平均線EAも"この感じなら使える!"という感覚を身に付ければ、これほど使いやすいものはありません。

 

フォワードデータを公開しているMT4のEAスタンドで評判のいいサイトをご紹介します。無料でMT4のEAも入手できますよ。

 

リビアをはじめとした中東の地政学的リスクが意識され、安全資産への逃避が 加速。インフレヘッジの観点から金への投資妙味が増し、スポット金価格は 市場最高値1433.4ドルまで一時上昇する場面も見られた。 今後の中東情勢次第では、原油価格高騰により世界景気が後退するとの懸念 から、安全資産への逃避が更に強まり、金価格は1450ドルを試すとの観測も強 まっている。為替相場でも大きな波乱があるだろう。